バイオメディカルサイエンスとヘルスケア | SRI International

Toggle Menu

バイオメディカルサイエンスとヘルスケア

SRIの包括的なサービス例:

リード化合物の同定と最適化

SRIが修めてきた成果は、その強固な創薬パイプラインが物語っています。携わった薬剤の中には市販化されたもの、臨床試験中のもの、前臨床段階のものがあり、これらに加えて、数多くの創薬プログラムも提供しています。SRIは、リード化合物の同定と最適化に対する積極的なアプローチにより、クライアントやパートナーの皆様をサポートしています。これまでに臨床試験の段階まで進んだ薬剤は、100例以上にのぼります。研究所では、創薬標的の同定とリード化合物の創出、インシリコ薬剤設計、さらには新規の低分子化合物を創出するための化合物ライブラリ設計などによって、創薬を行っています。提供するサービスには、以下の項目が含まれます。

  • ヒット化合物からリード化合物を特定するスクリーニング
  • リード化合物の最適化
  • 化合物のカスタム合成
  • RI標識化合物の合成
  • プレフォーミュレーション研究
  • ADMET(吸収、分布、代謝、排泄、毒性)特性の予測評価

創薬標的の検証・分析手法の開発

SRIの研究スタッフは、創薬ターゲットを検証・分析する手法の開発やターゲット分子の同定、さらに臨床試験に向けたリード化合物の最適化において、豊富な経験と実績を有しています。

SRIが大きく貢献した実績としては、これまでに100例以上の低分子リード化合物や生物製剤、ワクチンが、第I相臨床試験の段階まで進んでいることが挙げられます。

前臨床開発計画と規制関連サービス

アメリカ食品医薬品局(FDA)向けに臨床試験実施申請 (IND)を支援するため、SRIは製薬会社やバイオ製薬会社、大学、政府機関と連携しながら、第I相臨床試験に向けて準備を進めます。SRIの研究スタッフが、FDAへの申請に必要となる前臨床開発計画と各種資料を作成、レビューを実施し、また、資料を提出した後もサポートを行うので、現地の規制と実施計画書に確実に準拠することができます。

第I相臨床開発

2014年からSRIの第I相臨床試験・戦略的開発サービス部門が活動を開始しました。この部門では、一流の開発チームがコンセプト設計から臨床試験までプログラムを迅速に運用します。主なサービスとしては、薬剤の開発や製剤、臨床試験の実施のほか、薬剤の開発戦略立案から規制当局の承認取得に至るまで幅広くカバーしており、それぞれの工程で専門性の高いサポートを行っています。