SRI Japan – Chemistry and Materials | SRI International

Toggle Menu

SRI Japan – Chemistry and Materials

化学工業と素材産業

基礎/応用研究開発による、新たなアプローチ、応用例、製品の実現化を牽引

SRIは、化学工業と素材産業分野において幅広く研究開発を展開し、産官のクライアントの皆様が抱える問題の解決に寄与しています。SRIは、素材産業および化学工業界における、科学的トレンドとビジネストレンドを正確に調査し検討しています。SRIの有する最先端の研究開発設備と専門家チームが手を結び、高品質のサービスを実現しています。

SRIは、チタン製造における動床プロセス開発、ナノ蛍光体といった新材料開発など、先進素材開発の専門知識を備えています。SRIは、幅広い用途に対応する、新しい耐食コーティング技術を実現しています。また腐食検知用の各種分析技術の開発も行っています。

SRIは、カーボン回収/分離技術に深い経験を有し、プレコンバッション方式/ポストコンバッション方式の両方についてすでに技術を開発しています。炭素回収プログラムの実施において多くの応用技術が創生され、他の様々な分離プロセスにも応用が可能です。

SRIの研究所は様々なバッテリー技術を有しており、これら技術は先進の燃料電池開発にも応用されています。SRIでは、水に関する研究プログラムを通じ、水の浄化、脱塩処理、汚染除去に関する様々なアプローチを開発しています。

SRIは、触媒、ポリマー科学、低分子合成、燃料科学、エネルギー生産・貯蔵、ケミカルエンジニアリングの分野の専門知識や技術を駆使し、市場価値の明確化と課題解決技術の提供をおこないます。上記の他にも、SRIが擁する専門知識には以下のようなものがあります:

  • クリーンで再生可能な生物由来の代替燃料
  • 環境にやさしいスケールアップと燃料処理
  • 気体と液体の分離と精製
  • 触媒合成
  • 有機/無機/プレセラミックポリマー
  • セラミックおよびハイブリッドセラミック素材
  • 高エネルギー化合物および素材
  • 有機金属化合物、金属水素化合物、錯体化合物
  • 堅牢で高性能なコーティング剤および構造用複合材料

>SRIの技術の応用例

>さらに詳しく(英語)