Construction Technology | SRI International

Toggle Menu

Construction Technology

建設技術

建設新時代に向けて取り組む

日本の建設業界はターニングポイントに差し掛かろうとしています。2020年の東京オリンピックの開催準備が進む中、需要は高まる勢いを見せていますが、労働力不足と人口の高齢化によって、最も必要とされる時に労働要員が減少しています。

日本建設業連合会によると、2025年までに建設労働者の数は2014年度と比べて128万人減少するものと見られています。過去20年で労働者の生産性が57%増加した製造セクターとは反対に、建設業界は5%減少しています。生き残りと繁栄を望む建築、エンジニアリング、建設(AEC)企業は、新しい革新的な労働形態を見出し、最大限の生産性、効率性、労働者の安全性を達成しなくてはなりません。

STEM-research

建設テクノロジーにイノベーションを

SRIのテクノロジーが重要なニーズに対応し、初期計画から測量、最終段階の内装構造に至るあらゆる側面で、貴社のチームから最大限の生産性を引き出すお手伝いをします。

各分野のリーダーである私どもの研究者が、分野を超えて協力しながらカスタムテクノロジーとソリューションの製品化期間を短縮します。私どものテクノロジーがどのようにして1)生産性の最大化、2)コミュニケーションおよびコラボレーションの効率性向上、3)労働者の安全性の向上、をお手伝いできるのか、までお問い合わせください

お問い合わせ

Open/Close

生産性の最大化

新しいイノベーションが、AEC企業にとって必要不可欠な生産性上昇の実現をお手伝いします。次のようなテクノロジーを駆使します。

  • ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)とプレディクティブ・アナリティクス(予測分析):原価計算、プロジェクト管理、組織化、スケジューリングの向上
  • 3Dマッピングおよび2Dイメージとのローカライゼーション:3Dモデルの迅速なアップデートのための新しいデータ入力方法
  • 拡張現実(AR):複数の設計図からフィールドのデータを可視化するコンパクトな方法
  • Open/Close

    コミュニケーションおよびコラボレーションの効率性向上

    建設プロジェクトの複雑化と高額化が進む現在、ステークホルダー間のコミュニケーションが非効率であることは、大きな障害となります。コスト超過と遅延が原因で、毎年何百万円も無駄になっています。SRIのテクノロジーは、次の方法でステークホルダー間のワークフローを改善し、高額なコスト増につながる施工ミスを削減します。

  • 人工知能とオントロジー:規則、規制、関係性の枠組が設計者と法定機関による複雑な建築基準法のナビゲーションを支援する。
  • ARと音声技術:高度なユーザー・インターフェースがデザインコラボレーションを支援する。
  • コンピュータービジョン:進捗状況追跡用のドローンを支援し、オートマップで立体モデルを作成
  • Open/Close

    労働者の安全性の向上

    私どものテクノロジーは、労働者の肉体的増強、リアルタイムデータの提供、多種多様で複雑な作業に対応するためのトレーニングの改善によって、労働者の安全性を向上させることができます。

  • ソフト・エクソスーツ:最新鋭の柔らかい外骨格スーツが、労働者の動きを補助し、怪我を防ぎます。
  • コンピュータービジョンとプレディクティブ・アナリティクス:作業現場を監視し、危険な状況を特定するために機器を実装することが可能です。
  • ARメンター:拡張現実が危険な作業環境で労働者を安全に導きます。安全訓練のプラットフォームとしても使うことができます。
  • Core Technologies

    私どもの建設ソリューションは、SRIの最先端技術を活用し、統合したものです。貴社のアプリケーションやニーズに合わせてご提供いたします。

    使用事例: 建設検査

    拡張現実ソリューションが現場施工作業に変革をもたらす

    人工知能とマシンラーニング

    コンピューターや我々を取り巻く世界との関わり方を大変革

    コンピュータービジョン

    見る、理解する、記憶する。機械にすべて任せる

    ロボティックスとオートメーション

    ロボット改革を駆使してより高度なスマートマニュファクチャリングへ