イノベーション5つの原則 | SRI International

Toggle Menu

イノベーション5つの原則

SRIでは、企業にとって持続可能なビジネスモデルを用いて、市場に新たな顧客価値を創出し提供することを、イノベーションと定義しています。この定義を軸としてSRIは、
アイデアの提示や発案のみに終始するのではなく、組織全体に関わる包括的なプロセスに踏み込んでサービスを提供します。

このイノベーションの定義は、SRIのアプローチの骨子である「イノベーション5つの原則」の基礎を成すものです。SRIは、これらの原則を実践することにより世界に変革をもたらすようなイノベーションを実現してきましたが、それに留まらず、独自のイノベーションプログラムによって、そのノウハウをクライアントの皆様と共有しています。

「SRIイノベーション5つの原則(SRI Five Disciplines of Innovation®)」は、以下の要素から構成されています。これらを実践することで具体的な成果を生み出します。

5doi icon

顧客と市場における重要なニーズの重視

SRIでは、興味を引く研究分野に注意を向けることよりも、顧客の重要なニーズに応えることを重視する方針をとっています。これによってSRIの事業は、クライアント、パートナー、エンドユーザーの皆様、そして市場に対して確かな成果を生み出してきました。

顧客価値の創出

あらゆる事業構想において、SRIはクライアントと密にコミュニケーションをとり、重要なニーズを明確に把握します。手順としては、まずそのニーズに対して有効な個別のアプローチを策定します。次にそのアプローチの費用対効果を分析し、それが競合優位性や代替案の定量化を行います。この「NABC」法(ニーズ=N、アプローチ=A、費用対効果=B、競合・代替案との比較=C)により、最適な形で顧客価値を迅速に定義、創出、伝達できるのです。

5doi icon

イノベーションチャンピオンを中心としたプロジェクト進行

すべてのプロジェクトは、顧客価値の創出プロセスを積極的に推進し、中心的な役割を果たすチャンピオンによって進行します。事業構想ごとにチャンピオンを配置することが、プロジェクトを成功に導くために欠かせません。SRIは、「チャンピオンなくしてプロジェクトは成功しえない」と考えています。

5doi icon

イノベーションチームの編成

チャンピオンを中心に、生産的なイノベーションチームが編成されます。多くの異なる分野の専門メンバーを編成し幅広い分野をカバーする事を特長としており、クライアントやパートナーも当然プロジェクトチームの重要なメンバーとなります。SRIが「オープンイノベーション」の形態を数十年にわたって先駆的に実践してきたのは、クライアントのニーズを実現するために、外部の多くの専門家グループとのネットワークの構築が必須であることを認識しているからです。

5doi icon

チーム内の意思統一

SRIのイノベーションチームのメンバーは、クライアントやパートナーの皆様のニーズに対して共通の認識を持つことで、最高の価値を提供できるよう努めています。イノベーションの成功事例を実践し、事業を継続的に改善していくには、チームにおけるリーダーシップとメンバー間の意思統一が重要となります。